パントリー扉をDIY*はじめてのサンドペーパー

ベニヤ板 サンドペーパー

一条工務店ブリアールのパントリー扉を自分好みのデザインに。

前回はベニヤ板にはじめてペンキを塗りました。

パントリー扉をDIY*はじめてのベニヤ板ペンキ塗り編
一条工務店ブリアールのパントリー扉を自分好みのデザインに。 前回までのあらすじはこちら。 そんな...

やすりがけせずにそのままムラなく塗れることは塗れたのですが、仕上がりのイメージはもう少しマットな質感にしたかったので急きょサンドペーパーを買ってきました。

ペンキの上からかけられるものなのか。2ミリのベニヤにかけても大丈夫なのか。今回はそんな『はじめてのサンドペーパー』について紹介します。

今回やすりがけするベニヤ板

ベニヤ DIY

ラワンベニヤをホームセンターでカットしてもらったもの。

なんの処理もせず、バターミルクペイントを1度塗り(表面と横だけ)している状態です。ペンキを塗っていない裏面よりもザラザラになってしまいました。

ベニヤ板にサンドペーパーをかける 何番を用意すればいいか

ベニヤ板 やすり 何番

今回お迎えしたのは、『#100』『#180』『#240』番のサンドペーパーです。

サンドペーパーは数字が大きくなるほど肌理が細かくなります。

100番は荒目。180番、240番は中目に分類されます。100→180→240の順番でやすりをかけていきます。

お値段はちかくのホームセンターで1枚38円(税込)でした。

サンドペーパーの切り方

サンドペーパー 何番

サンドペーパーは1枚で使うには大きすぎるので、カットして使います。

ただしハサミやカッターで切ると刃を痛めてしまいます。

サンドペーパー 使い方

折り目をつけたサンドペーパーに定規をあてて紙を手前にちぎれば、まっすぐカットすることができます。

サンドペーパー 使い方

今回は手でやすりがけしていくので、1枚を8等分にしました。

(本当はハンドサンダーかカマボコ板に取り付けてやると良いのだけれど、今日はどちらもお家になかったのです)

やすりがけをする前に

サンドペーパー かけかた

今回かなりの『粉』がでます。床に新聞紙をおいてやると掃除が楽です。

またベニヤ板を回転させたり移動させたりするので、床が傷つかないように新聞紙の下にはブルーシートなど保護するものを1枚敷いておくと安全です。

ベニヤ板にサンドペーパーをかける

ベニヤ板 サンドペーパー

側面にやすりがけをする

いきなりペンキを塗った表面にやすりをかけるのは怖かったので、まずは写真の側面の部分にやすりがけしていきます。

ベニヤ板を接着したボンドがはみ出ていたり、ペンキでザラザラしていたり、扱うことによってチョットずつささくれてきていたりして、かなり手触りが悪いです。

ここをカットした100番のやすりで磨いていきます。

ベニヤとサンドペーパーは平行に、ごしごしこすっていきます。

サンドペーパー ベニヤ

手でやっていると、サンドペーパーを写真のようにベニヤにまいてゴシゴシこすりたくなりますが……

ベニヤ サンドペーパー

写真のようにペンキがはげすぎてしまうので、かならずやすりがけする面と平行にサンドペーパーを移動させましょう。

ベニヤ板 やすりがけ

少しわかりにくいですが、表面がなめらかになりました。指を移動させると、やすりがけをする前はチクチクとささるようだったのに、スーっと移動できるようになりました。

側面は100番だけかけて終了にしました。

ベニヤ板 やすりがけ

左がやすりがけしたもの。右はしていないもの。左のほうが表面がなめらなかのが伝わるでしょうか。ペンキの塗りムラをおさえることもできた気がします。

そして意外にペンキは剥げてこないのですね。これなら表面も100番でやすりがけしても大丈夫そうです。

表面にやすりがけをする

ベニヤ板 サンドペーパー

左がペンキを塗っただけ。右が100番のサンドペーパーでやすりがけしたところです。

ちょっと見た目ではわかりにくいかもしれませんが、ペイントすることで何もしていない状態よりもザラザラになってしまった表面が、ベニヤ板本来の表面くらいのザラザラ感になりました。

けっこうガリガリと音をさせながらけずっていきましたが、思ったほどペンキは剥げてきません。

ベニヤ板 サンドペーパー

つづいて180番→240番とやすりがけをしました。

もう写真ではあまり違いがわからないかもしれませんが、手触りがまったく違います。180番でさらさら。240番はなめらかで、ふつうの机の天板をさわっている感触です。

3種類のサンドペーパーをかけても、ペンキは目立ったほど剥げていません。表面がなめらかになることで少し木のすじが目立つところはありますが、2度塗りすればカバーできそうです。

ベニヤ板 サンドペーパー

見た目もザラザラからマットな質感に近づきました。

ペイントしたときはいかにも『ベニヤにペンキ塗りました!』というような安っぽい見た目になってしまったのですが、やすりがけしたあとは少しだけベニヤ感がなくなりました。

仕上がりをナチュラルテイストのような少しダメージのある加工にする場合でも、やすりがけすることでベニヤの安っぽさが薄まるのでオススメだと思います。

仕上げ

ベニヤ板 サンドペーパー

仕上げます。表面についた細かい粉を、乾いた布ではらっていきます。

ベニヤの表面を布で拭こうと思ったら、ザラザラとひっかかってすすまないと思いますが、240番でやすりがけしたあとのベニヤはスイスイ布が進みます。

サンドペーパーはどのくらい必要か

ベニヤ板 サンドペーパー

今回やすりがけしたのは、2015×325サイズの板が2枚。95×325サイズの板が6枚。

この表面と側面をやすりがけしました。

100番…1.5枚

180番…1枚

240番…1枚

100番は側面をやすりがけしたので他のより多くいりました。

手でやったので写真のように効率よく使えなかった気がします。ハンドサンダーがあればもう少し枚数は減らせたかもしれません。

次はペンキ塗り(2回目)をして、また表面を今度は320番と400番あたりでやすりがけして仕上げていこうと思っています。

今回はここまで。

最後までお読みくださりありがとうございます。

一条工務店ブリアールのパントリー扉をDIY記事を初めから読む場合はこちら。

パントリー扉をDIY*デザイン妄想・採寸編
一条工務店ブリアールの標準パントリー扉。ほんとうは建具をぜんぶウッドワンさんにお願いしたかったのだけれど予算がなくて断念。 住...

【前】ベニヤ板をボンドでくっつける← →【次】ペンキ2度塗りと模様書き

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
スポンサーリンク
この投稿はお役に立てましたか?良かったらこの記事をご紹介ください*

コメントにメールアドレスは必要ありません。

メールアドレスが公開されることはありません。